お知らせ

『matChu』にて、銀線細工職人・佐藤房雄氏の活動をご紹介いただきました。

2018年1月19日発行matchu「すてきなIPPINみつけた秋田銀線細工」『matChu(まっちゅ)』vol.69 2018年2月

すてきなIPPIN❤みつけた

秋田銀線細工 佐藤 房雄さん

極細の銀線から生み出される光と曲線の繊細な輝き

 道の駅十文字にほど近い、静かな住宅街に建つ「房工房」。
迎えてくれたのは、銀線細工を始めて17年という若手銀線細工職人の佐藤房雄さん。
県南ではわずか2店舗だけという、伝統的工芸品「秋田銀線細工」の技術を継承する貴重な存在です。

 独立して3年目を迎える工房には、大げさな機械もなく、デスクの上には、白くて極細い銀線がいくつもぶら下がっていました。
「元々銀線は白いもので、磨けば光沢が出るんです。」と佐藤さん。
 極細い銀線の線をより合わせて作られる芸術品。わずか直径1センチのバラの花も、一枚一枚花びらを良く見ると、細かい線の集合体です。驚くほど繊細で、緻密な装飾が施されています。
手仕事ならではの柔らかく美しい輝き。江戸時代から受け継がれた貴重な技術を継承する佐藤さん。
体験や教室を通して、その魅力を伝える努力も惜しみません。
「房工房」を訪ね、自分だけの逸品をオーダーしてみてはいかがでしょう。

ページ上部へ戻る